販売されているグミを、グミ研究員達が「味」や「食感」など独自の視点でご紹介。

カンロ ジュレピュレ 紀州梅ぼし味

内容量
63g
原材料
砂糖、水飴、ゼラチン、コラーゲンペプチド、濃縮うめ果汁、食塩、ドライトマトエキス、酸味料、増粘剤(ペクチン:りんご由来)、炭酸カルシウム、香料、ビタミンC、着色料(ブドウ色素、トマト色素)
栄養成分
【1粒当たり】
エネルギー:11.1kcal、たんぱく質:0.14g、脂質:0g、炭水化物:2.70g、ナトリウム:8.2mg、ビタミンC:2.80mg、コラーゲン:135.0mg
アレルギー物質(27品目中)
  • 小麦
  • えび
  • かに
  • そば
  • ピーナッツ
  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • サケ
  • さば
  • 大豆
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン
  • ごま
  • カシューナッツ
  • 落花生

当掲載内容は本サイト独自の調査によるものです。正確な内容は各製造メーカーに直接お問い合わせください。

グミ研究員の診断内容

消費者ターゲット
女性向け(年齢層広め)、梅味好きの方
香り…香りを嗅ぐだけで酸っぱさを感じます。いつの間にか唾液が分泌してきます。
味…グミ部からは酸っぱさを感じず、周りに付いている酸っぱいパウダーだけで酸味を演出しています。ジュレ部は果汁とフレーバーにより、かなり梅を感じます。
全体の味のバランスとしては、酸っぱさよりも甘さが強いです。酸っぱさの刺激が少ないため食べやすいです。「はちみつ梅干し味」と言うのが甘さのイメージに近いでしょうか。
食感
パウダーのザラザラ感とグミのやわらか食感が相性抜群です。
ゼリーに近い食感です。
形状
ハート型。ピュレシリーズの汎用型。
個人的に、そろそろRNするのではないかと思います。
新しい形になるのでは…?
グミ部は赤系のピンク色。
ジュレ部は赤味が強く、果汁の色味が出ています。
やはりハート型といったら赤系色が合いますね。
内容量
63g
水分値
19%
パッケージ
今までのデザインよりも和風になりました。
細かい所で言うと、フォントの部分で行書体を用いたりしていますね。
うん、渋いです!
追跡研究事項
紀州梅。誰もが知る梅の品種ですよね。紀州梅のほとんどは和歌山県で作られているそうです。
また、最近では「はちみつと梅」「こんぶと梅」など、梅とコラボした味がお菓子としても人気です。
調べてみると、「辛子明太子と梅」「黒糖と梅」という組み合わせも合うようです。これらの味のグミ、もしあったら食べてみたいと思いませんか?

グミ研究員の感想

最近梅を使ったグミが各社で作られ、店頭に並んでいるのをよく見ます。
イメージとしては女性向けですが、梅好きにもたまらない味だと思います。
男女問わず愛されるグミではないでしょうか?

グミのさらなる可能性を探求し
“グミの新しい未来”を開拓してまいります。

グミ研究所では、OEM受託加工(200kgからの小ロットにも対応)を承っております。
噛みごたえのある硬いグミ、ふるふると優しげな食感のグミ、
糖衣のように周りをコーティングしたグミ、カラダに良い成分を固めたサプリメントグミなど、
品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産いたします。
グミのことなら“グミ研究所”にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ / お見積もり