グミ研究所 Gummi lab.

オリジナルグミをOEM生産・ODM生産する「グミ研究所」

Planning, proposal ability, quality control

おいしいを形にする企画・提案力

商品開発の第一歩は、いつもミーティングから始まります。ここでお客様の意向をしっかりと把握します。

通常、お客様からの新製品製造の依頼に対し、技術的に可能かどうかを検討し、具体的な企画例を提案する開発スタッフと、二ーズやシーズを引き出す営業スタッフがミーティングで同席します。開発スタッフはこのプロジェクトの責任者として、新製品が生産ラインにのるまでの開発期間を、トータルに管理することになります。依頼を受けた日進乳業は、この開発スタッフを中心に社内ミーティングを繰り返し、企画提案開発と共同技術開発の二本柱で製品づくりに臨みます。

商品開発の第一歩は、いつもミーティングから始まります。

新製品の開発は、試作の繰り返しと言っても過言ではありません。

菓子に求められる色や形、味などの嗜好的要素と、時代が求める機能的要素をどのように組み合わせるか。さらに、お客様の要望を超える製品を生み出すためにはどうしたらいいのか。など、問題は山積みです。試行錯誤を繰り返し、手試作を重ねながら、徐々に製品に近づけていきます。試作品がある程度完成に近づいたら、開発室にある生産設備を使って、その製品が生産ラインにのせられるものなのかどうかについても検討します。

新製品の開発は、試作の繰り返しと言っても過言ではありません。

研究、試作、検証、納得のいくまで繰り返されます。ときには白紙に戻して素材から検証し直すことも。

完成した試作品は、テーブルテストとラインテストに繰り返しかけられます。テーブルテストでは技術者によって、一方のラインテストでは技能者によって、生産が可能かどうかを検討されるのです。これらのテストをくぐり抜けた製品だけが本生産に回されます。生産ラインで出来上がった完成品には、温度や湿度などの負荷をかけた耐久テストによって、再度品質のチェックが行われます。パスした新製品は、いよいよ出荷へ。またひとつ、新しいおいしさの誕生です。

研究、試作、検証、納得のいくまで繰り返されます。ときには白紙に戻して素材から検証し直すことも。

品質管理の徹底された
製造ライン(ISO取得)で生産

『品質第一主義』

創業以来、『品質第一主義』を徹底し、顧客満足度の高い製品づくりに努めています。厳選された安全な原材料を用いて、品質管理の徹底した製造ライン(ISO9001取得、2003年7月)での生産をしております。

最終製品については、硬さや風味などの官能検査、サイズ・水分含有量などの規格検査、仕様によっては微生物検査など厳しい数々の品質検査が行われます。

また、私たちはお客様の口に入るまでが私たちが提供する品質であると考えています。工場から出荷された製品が流通するあらゆる環境を想定し、高温高湿など過酷な条件での品質確認検査が実施されます。

こうした検査にクリアした製品だけが市場に供給されます。

  • 品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産
  • 品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産