グミ研究所 Gummi lab.

オリジナルグミをOEM生産・ODM生産する「グミ研究所」

About

グミのさらなる可能性を探求し
“グミの新しい未来”
開拓してまいります。

グミ研究所では、OEM・ODM受託加工(200kgからの小ロットにも対応)を承っております。
噛みごたえのある硬いグミ、ふるふると優しげな食感のグミ、
糖衣のように周りをコーティングしたグミ、
カラダに良い成分を固めたサプリメントグミなど、
品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産いたします。
グミのことなら“グミ研究所”にお任せください。

グミの可能性

Mission & Spirit

「美味しい」と「楽しい」を固めること。その根底にあるものは「愛」。
グミの製造技術を使って「何かを固める」ことで「美味しい」「楽しい」「楽ちん」「便利」を実現し、
こっそりと世の中に貢献することを目指します。

Greeting

グミ研究所 所長 水野光(みずのこう)と申します。
私たちは今、非常に豊かなモノに囲まれて暮らしています。
その中のひとつが「お菓子」です。

「和菓子」として総称されるものから、ケーキやクッキーなどの洋菓子、お煎餅やポテトチップスのようなスナック菓子に、ガム、キャンディー、チョコレートなど、実に様々な種類のお菓子があります。さらに、和菓子の中にも、生菓子、半生菓子、干菓子などに分けられ、実に種類が豊富。一言でお菓子といっても、実に奥深い「お菓子ワールド」が形成されているのです。

その中にあって、なぜ我々は「グミ」に注目し、グミをこよなく研究しようと思ったのか・・・それは、グミの「固める技術」に、果てしない可能性を見たからです。グミは今、お菓子という認識ですが、使い方、発想次第で「お菓子を超える存在」になると、私たちは考えています。

ポイントはグミの融通性の高さです。

噛みごたえのある硬いものも作れるし、ふるふると優しげな食感も出せ、さらに糖衣のように、グミの上に何か別の物をコーティングすることもできます。ガムのように噛み終わったら出す必要もないし、液体のように容器に入れる必要もありません。資源をムダにせず、ゴミも出さない、グミは「エコ」的な側面も持っています。さらに、「よく噛む」ことで、人を健康へと導いてくれます。

カラダに良いとされる様々な成分を固めれば、スペシャルなサプリメントを作ることも可能です。美肌、集中力UP、ダイエットなどその用途は様々、しかも「カラダによくて美味しい」。夢は広がるばかりです。

グミの技術を使って、何を固めて行くか、これが私たちの根本的研究命題です。そしてグミを極め、グミの新しい活用法を見つけ出すことで、グミの新しい未来を作り出していくのが、我々研究員のミッションである。

そんな壮大な使命を「勝手に」背負い、このグミ研究所はスタートしたのです。

Dr.グミ

Researcher

グミ研究所の中心人物、児安研究員。穏やかでいつも笑顔の彼女だが、普通の人とは少し違った着眼点を持つ。そのせいか、仕事では上司に歯に衣着せぬ発言で様々な商品開発に力を発揮してくれている。お客様からの信頼も厚く、今後グミ研究所を背負って立つこと間違いなしの要チェック人物である。

趣味は何かと聞くと、出てくることはいつも同じ「・・・無趣味です」いくら考えても思いつかないという。やはり人とはどこか違う児安研究員、今後も児安研究員の動向に注目である。

グミのメリット
企画開発担当児安 研究員

グミ研一トレンドに敏感な、今田研究員。グミはもちろん、その他の新商品は必ず毎週チェックしている。何事も臨機応変に対応し、オールマイティな彼女は、事務・開発全般をこなす。国内案件のみならず、海外への輸出案件にも携わる彼女には一同頭が上がらない。まさに彼女なくしてグミ研は成り立たないと言えるだろう。

仕事ではクールな彼女の趣味は、音楽を聴くこと。休日にはライブにもよく通っており、知名度に関係なく気になったアーティストは欠かさずチェックしている。ライブで汗を流した後は、必ず焼肉かラーメンを食べるのが彼女のルーティン。一方、おしゃれなカフェで優雅にランチタイムを過ごすという女の子らしい一面もあるようだ。インスタ映えするものは何でも写真を撮り、SNSにあげる。さすがグミ研一のトレンドガール。

グミのメリット
試作担当今田 研究員

グミ研一美意識が高い、棚橋研究員。グミの知識に負けないほど、メイクの知識も兼ね備えており、肌の白さへの執着は誰にも負けない。見た目からは想像できないが、くしゃみを抑える手が間に合わないほど運動神経が悪い。しかし、グミを作らせると一転、華麗な手さばきで周りを魅了する一面も持つ。明るく社交性がある性格から、研究所のムードメーカー的存在。お客様からのお問い合わせに対しても真摯に向き合い、早く正確なレスポンスから信頼が厚い。

愛されキャラの彼女の趣味はYoutube鑑賞とゲーム。メイクはもちろん、グミについてもYoutubeから学ぶことがある。一見インドア派に思える彼女だが、ストレス発散法はライブに行き、頭を縦にふること。そして誰よりも食べること。大好物であるお好み焼きを食べさせたら、誰も彼女を止めることは出来ない!!

固める意味を考える
試作担当 棚橋 研究員

グミ研究所のひまわりのような存在、二宮研究員。彼女のキラキラとしてまぶしい笑顔に、周りの研究員もつられて笑顔になる。仕事をこなすスピードは誰よりも早く、且つ、細かい点にもよく気が付く有能ぶり。グミ工場での製造経験を活かし、グミの開発でもめきめきと進化を遂げている。彼女の今後のさらなる活躍に期待が高まる。

中に小さいおじさんがいる彼女の趣味は釣り。テトラポットで竿を持ち、カサゴ、タコ、イワシを釣り上げる。管理栄養士という資格を持っている彼女は、その技術と知識を活かし、釣った魚を華麗にさばき、調理する。そして炊き立ての白米とともにぺろりと平らげる。そんなおじさんキャラの彼女はやっぱりお酒が大好き。ビール、日本酒、カクテル…なんでもいけるクチです!!

新しいグミの使い方
試作担当 二宮 研究員