販売されているグミを、グミ研究員達が「味」や「食感」など独自の視点でご紹介。

カンロ カンデミーナ ラムネ味

内容量
37g
原材料
水飴、砂糖、ゼラチン、デキストリン、酸味料、香料、増粘剤(加工デンプン)、炭酸カルシウム、甘味料(アセスルファムK)、クチナシ色素
栄養成分
【1粒当たり】
エネルギー:8.7kcal、たんぱく質:0.26g、脂質:0g、炭水化物:1.92g、ナトリウム:0.2mg
アレルギー物質(27品目中)
  • 小麦
  • えび
  • かに
  • そば
  • ピーナッツ
  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • サケ
  • さば
  • 大豆
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン
  • ごま
  • カシューナッツ
  • 落花生

当掲載内容は本サイト独自の調査によるものです。正確な内容は各製造メーカーに直接お問い合わせください。

グミ研究員の診断内容

消費者ターゲット
子供や中高生向け
グミ単体は甘味のあるソーダ味に近い。(昔懐かしい瓶ラムネに近い)
酸っぱさが炭酸を表現し、あとから甘味のあるラムネが口の中に広がってくる。まさにラムネを飲んでいるイメージ。
食感
波のような形状によって食べ方・食感が変化します。とても面白いです。
厚みのある部分を食べれば、噛み切れない弾力のあるハード系の食感。
波打っている部分を食べれば、さくっときれる食感。
口の中だけで様々な食感を楽しむ事ができます。
形状
波のような形状、ウェーブ型。
食感でも話をしたが工夫のある形状である。
うすめの水色。
クチナシの青色素を使用。
内容量
37g 1粒あたり2.5g
水分値
14%
パッケージ
ラムネのしゅわっと感が全体から伝わってきます。
デザインを見て分かったが、ウェーブ型はカンデミーナの伸ばし棒やローマ字表記の“C”をモチーフにしているのではないかと。皆さんも見てみて下さい。
追跡研究事項

グミ研究員の感想

カンデミーナシリーズは噛みごたえと面白い形状でグミを作っています。
カ・太・刀、こんな形のグミを作っているのが、このグミの面白いところ。店頭で見かけたら買ってみては?
個人的には1個よりも2・3個、口にほおばり、口の中をラムネでうめつくすのが好きな食べ方です。

グミのさらなる可能性を探求し
“グミの新しい未来”を開拓してまいります。

グミ研究所では、OEM受託加工(200kgからの小ロットにも対応)を承っております。
噛みごたえのある硬いグミ、ふるふると優しげな食感のグミ、
糖衣のように周りをコーティングしたグミ、カラダに良い成分を固めたサプリメントグミなど、
品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産いたします。
グミのことなら“グミ研究所”にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ / お見積もり