水分含有量が多く風味を高く保てるグミは、
バリエーションある食感を組み合わせることで様々なニーズに対応することができます。

グミのメリット

まず、グミの特徴としてあげられるのは、「水分含有量が15%以上と多く、風味を高く保てる」ということです。
一般的なキャンディーの水分含有量が2%前後ということを考えれば、その違いは歴然です。
そのため果汁など液状のものであれば、高度に濃縮したものをうまく固形にすることができます。

固めるための材料であるゼラチンやペクチンの種類や配合工夫することで硬かったり柔らかかったり、バリエーションある食感を演出することが可能です。

代表的なお菓子であるキャンディー類とはここに大きな差があり、味、食感を組み合わせることで様々なニーズに対応できる可能性がある。

それがグミの大きなメリットです。

グミの可能性:グミのメリット イメージ

固める意味を考える

固めることで、ごく少量では持ち運びにくい液状の食品などの取り回しが楽になることなども考えられます。

例えばみりんなどの調味料。
大量に必要なわけではなく、大さじ1程度の容量でグミのように固形であれば軽量の手間も省けますし、自宅のキッチンを離れて調理するキャンプなどでの使い勝手が良くなる可能性や、ポーションタイプのものと比べても容器が少なくすみ、環境に優しい商品が生まれるかもしれません。

固めるということはいろんな付加価値を生み出すかもしれないのです。

グミの可能性:固める意味を考える イメージ

新しいグミの使い方

果汁などを含んだ通常のお菓子としてはもちろんですが、原材料であるゼラチンやペクチンの特性や配合を研究し工夫することで、オーブンに入れても焼けずに型崩れもせず、食感を残すということも不可能ではないと当研究所では考えています。
こういったことが可能になれば、新たな料理のトッピング材料としてお菓子の枠を超えた「グミ」の使用法がどんどん生まれてくることでしょう。
すでに低温域では、食感を維持できるグミを提供しておりアイスクリームのトッピング材料として使用されています。さらに研究を重ねることで、より多くの冷菓、冷凍食品に使用できるようなグミの企画開発も進行しています。

グミの可能性:新しいグミの使い方 イメージ

グミのさらなる可能性を探求し
“グミの新しい未来”を開拓してまいります。

グミ研究所では、OEM受託加工(200kgからの小ロットにも対応)を承っております。
噛みごたえのある硬いグミ、ふるふると優しげな食感のグミ、
糖衣のように周りをコーティングしたグミ、カラダに良い成分を固めたサプリメントグミなど、
品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産いたします。
グミのことなら“グミ研究所”にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ / お見積もり