グミ研究所 Gummi lab.

オリジナルグミをOEM生産・ODM生産する「グミ研究所」

製造者

UHA味覚糖

内容量

180g

オレンジ・いちご・コーラ・マスカット

原材料

【オレンジ】水飴(国内製造)、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、濃縮オレンジ果汁、ゼラチン/酸味料、着色料(カラメル、カロチノイド)、香料、光沢剤、(一部にオレンジ・ゼラチンを含む)
【ストロベリー】水飴(国内製造)、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ゼラチン、濃縮果汁(りんご、ストロベリー)/酸味料、香料、着色料(カロチノイド)、光沢剤、(一部にりんご・ゼラチンを含む)
【コーラ】水飴(国内製造)、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、ゼラチン、濃縮果汁(りんご、デーツ、レモン)/酸味料、着色料(アントシアニン、カラメル)香料、光沢剤、(一部にりんご・ゼラチンを含む)
【マスカット】水飴(国内製造)、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、濃縮マスカット果汁、ゼラチン/酸味料、香料、光沢剤、着色料(フラボノイド、クチナシ)、(一部にゼラチンを含む)

栄養成分(1袋当り)

【100g当り】
エネルギー:316kcal、たんぱく質:6.3g、脂質:0g、炭水化物:75.7g、食塩相当量:0.03g 

グミ研究員の診断内容

アレルギー物質(27品目中)
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • サケ
  • さば
  • 大豆
  • 小麦
  • えび
  • かに
  • そば
  • ピーナッツ
  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン
  • ごま
  • カシューナッツ
  • 落花生
消費者ターゲット

グミ・モスバーガーを愛する全世代

バンズ:オレンジの甘酸っぱい香り。味は王道のオレンジフレーバーが使用されている。
トマト:甘いタイプのいちごの香り。少しミルクがかったようないちご味。
パティ:昔懐かしいコーラの香り。すっきりしたタイプのコーラ味で個人的に1番美味しい。
レタス:マスカットの甘い香り。少し熟したようなタイプのマスカット味。
全種類を同時に食べると、すっきりとした酸味のあるミックスフルーツ味に変化。
パティのコーラ風味がメインでバンズのオレンジ風味とレタスのマスカット風味が上手く合わさっている。トマトのいちご風味は良いアクセントになっていて、贅沢な味わい。

食感

むっちりした食感。
硬めの配合が用いられており、食べ応えがある。

形状

バンズ:薄いドーム型。
トマト:カットされたトマトの形。断面の種なども再現されている。
パティ:丸いパティに網目状の焼目が付いている。
レタス:レタスを1枚切り取ったような見た目。葉の葉脈部分もしっかりと再現されている。

バンズ:薄茶色、トマト:赤色、パティ:濃い茶色、レタス:黄緑色

水分値

15.5%

パッケージ

商品名、モスバーガーのロゴ、モスバーガーの写真が大きくプリントされている。
全体的に緑、赤、白、黄で統一されているため、ポップな印象を受けつつもすっきりとまとまっている。これによりハンバーガーの写真・イラストがよく目立つ。
お菓子コーナーに、パッケージの1/4をハンバーガーが占める商品が並ぶとなると、存在感がすごい。手に取りたくなること間違いなしのデザイン。

追跡研究事項

裏面に「どれだけ積めるかな?」と記載がありましたので、研究員も挑戦!
Myルールとしては、間に挟むトマト、パティ、レタスは、順番に積み上げました。
結果、上下のバンズを合わせて10個!
トマト、パティはほぼ平面なので積み上げやすいですが、難関はレタス・・・
少しふくらみがあるので順番に重ねるのはかなりハードルが高い…。レタス抜きであれば
もう少し記録は伸びそうです。(健康バランスを考えると少し抵抗がありますが(^^;))
調べてみると10個以上積み上げる猛者がいたので、再チャレンジしてみます!

グミ研究員の感想

UHA味覚糖さんの『つむグミ』と『モスバーガー』のユニークなコラボ商品!
元になっているつむグミは、某パズルゲームを連想させる、ブロック型のグミです。
こちらはキューブ型に組み立てて楽しめる商品で、リニューアルも行われています。
一方つむモスグミは、色んなハンバーガーをグミで再現したり、どこまで高く詰めるか挑戦したりと、いろんなパターンで楽しめます☆
容量も多くグミとしても王道の美味しさなので、満足感のある商品です!
皆さんもぜひ挑戦してみてください^^

Other