販売されているグミを、グミ研究員達が「味」や「食感」など独自の視点でご紹介。

中野物産株式会社 昆布と梅のグミ物語 赤梅・青梅味

内容量
45g
原材料
水飴、砂糖、ゼラチン、昆布ペースト、麦芽糖、粉末オブラート、梅濃縮果汁、青海濃縮果汁、食塩/ソルビートル、酸味料、乳酸カルシウム、調味料(アミノ酸等)、粘糊料(加工デンプン、ペクチン、リンゴ由来)、光沢剤、香料、乳化剤、着色料(アカダイコン、紅麹、クチナシ)、甘味料(ステビア抽出物)、(一部にオレンジ・大豆を含む)
栄養成分
【1袋当り】
エネルギー:146kcal、たんぱく質:3.6g、脂質:0.1g、炭水化物:32.7g、食塩相当量:0.1g
アレルギー物質(27品目中)
  • 小麦
  • えび
  • かに
  • そば
  • ピーナッツ
  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • サケ
  • さば
  • 大豆
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン
  • ごま
  • カシューナッツ
  • 落花生

当掲載内容は本サイト独自の調査によるものです。正確な内容は各製造メーカーに直接お問い合わせください。

グミ研究員の診断内容

消費者ターゲット
年齢層高め(都こんぶ購入世代)
香り…都こんぶの香りがします。まず香りで完成度が高そうな予感が!
味…グミについているパウダーはオブラート・酸味料?(舐めると食塩かな)ですね。噛み始めはほんのりと梅味を感じ、昆布ペーストに達すると徐々に昆布の味わいに変わっていきます。都こんぶ。安心する味ですね。
食感
ゼラチンと、ペクチンのセンターイングミ。
ゼラチン部よりペクチン部の方が割合が多いため、ゼリーのような柔らかさがあります。若者が好むグミとしては物足りない柔らかさではありますが、顧客ターゲットを年配向けに設定するのであれば、ベストな食感であると思います。
形状
キュービック型。この形状は汎用型ではありますが、センターイングミではあまり見かけません。
赤梅と青梅の2種類で、
赤梅は薄い赤色、青梅は薄い緑色。
どちらとも、色味はほんのりついている程度。
内容量
45g
水分値
19%
パッケージ
なんと言ってもネーミングセンスです!
そこに惹かれてしまいます。さらに、都こんぶとわかると一層魅力が増します。
デザインが和風であり、パッケージにも書かれている通りレトロ感があります。
やはり、中高生向けというより大人向けですね。
追跡研究事項
製造元が記載されていませんが、かなりクオリティーが高いグミなので、製造元が気になります。どういう工程で作られているのか、個人的に興味があります。

グミ研究員の感想

今回のグミカルテ作成中、多くの人が手に取って試食されました。
その面々は40代以上の男性社員。「都こんぶを小さい頃によく食べた」と。
グミをあまり買わない世代ではありますが、懐かしさからか、皆々購入して帰って行ったようです。

グミのさらなる可能性を探求し
“グミの新しい未来”を開拓してまいります。

グミ研究所では、OEM受託加工(200kgからの小ロットにも対応)を承っております。
噛みごたえのある硬いグミ、ふるふると優しげな食感のグミ、
糖衣のように周りをコーティングしたグミ、カラダに良い成分を固めたサプリメントグミなど、
品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産いたします。
グミのことなら“グミ研究所”にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ / お見積もり