販売されているグミを、グミ研究員達が「味」や「食感」など独自の視点でご紹介。

UHA味覚糖 贅沢コロロ ショコラストロベリー味

内容量
54g
原材料
砂糖、果糖ブドウ糖液糖、水飴、カカオマス、濃縮果汁(ストロベリー、デーツ、りんご)、ココアバター、ココアパウダー、コラーゲン、いちご種子、植物油脂/グリセリン、酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、クエン酸カリウム、香料、乳化剤、セルロース、安定剤(CMC)、光沢剤、(一部に乳成分・牛肉・大豆・りんご・ゼラチンを含む)
栄養成分
【1袋当たり】
エネルギー:170 kcal、たんぱく質:1.2 g、脂質:4.6 g、炭水化物:33.8g、食塩相当量:0.02g
アレルギー物質(27品目中)
  • 小麦
  • えび
  • かに
  • そば
  • ピーナッツ
  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • サケ
  • さば
  • 大豆
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン
  • ごま
  • カシューナッツ
  • 落花生

当掲載内容は本サイト独自の調査によるものです。正確な内容は各製造メーカーに直接お問い合わせください。

グミ研究員の診断内容

消費者ターゲット
女性
ストロベリーのグミ部は、以前から売っている物を使用していると思われる。
特に、味の変化がないので。
グミ部は甘味が強いので、チョコレートはビター系をチョイスしている。
まったりしすぎず、甘酸っぱさをさらに増して、かなり贅沢なお菓子に変化している。
食感
チョコレートがパリッとしており、その後通常のコロロの食感である柔らかさを感じる事ができる。
チョコの食感、コロロの食感、そしてイチゴの種子のつぶつぶ食感で3度の食感の変化を楽しむ事ができる。
形状
グミを見ると底面が平らになっているので、グミを皿などに置いて、上からチョコレートをかけたような感じで作られているのが読み取れる。
コロロ本来が柔らかいのでチョコレートにひびが入りやすくなっている。
チョコレートの色味はビター系の色合い。
内容量
54g 1粒あたり5.5g
水分値
-
パッケージ
パッケージとしては少し大きめで縦・横15cmにサイズ。
製品自体が個包装されている点・密閉されすぎると形が崩れる点などからパッケージとしては適切だと思う。
“ぜいたく”とうたっているので、所々でゴールドを使用。チョコレートを背景に入れているので一目でチョコレートの製品だとわかる。
追跡研究事項
パッケージのデザインから、グミの棚(例:コンビニ)に置くと、他製品とのバランスが悪くなるためか、チョコレートの棚上に置いてあるのをよく見る。
商品コンセプトも大事だが、このような部分も考えていく必要がある。

グミ研究員の感想

ペクチングミのコロロだからできるチョコレートコーティング。
この大きさでチョコがけした物は今までに見た事はありません。
贅沢な嗜好品としては最適です!!

グミのさらなる可能性を探求し
“グミの新しい未来”を開拓してまいります。

グミ研究所では、OEM受託加工(200kgからの小ロットにも対応)を承っております。
噛みごたえのある硬いグミ、ふるふると優しげな食感のグミ、
糖衣のように周りをコーティングしたグミ、カラダに良い成分を固めたサプリメントグミなど、
品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産いたします。
グミのことなら“グミ研究所”にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ / お見積もり