販売されているグミを、グミ研究員達が「味」や「食感」など独自の視点でご紹介。

カバヤ ピュアラルグミ スパークリングレモン味

内容量
45g
原材料
砂糖、水飴、還元水飴、ゼラチン、植物油脂、濃縮レモン果汁(シチリア産)、寒天/トレハロース、酸味料、ソルビトール、乳酸カルシウム、香料、ゲル化剤(アルギン酸Na、ペクチン)、ベニバナ黄色素、光沢剤、甘味料(スクラロース)、(一部に小麦・乳成分・ゼラチンを含む)
栄養成分
【1袋当たり】
エネルギー:131kcal、たんぱく質:1.4g、脂質:0.1g、炭水化物:35.6g、食塩相当量:0.11g
アレルギー物質(27品目中)
  • 小麦
  • えび
  • かに
  • そば
  • ピーナッツ
  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • サケ
  • さば
  • 大豆
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン
  • ごま
  • カシューナッツ
  • 落花生

当掲載内容は本サイト独自の調査によるものです。正確な内容は各製造メーカーに直接お問い合わせください。

グミ研究員の診断内容

消費者ターゲット
男性
スパークリングレモンという時点で酸っぱいのは覚悟していました。
あれ?意外と甘い…と感じた矢先に徐々にピリピリと刺激が到来します。
パウダーに関してはそこまで強い刺激はないですが、中のセンターは強烈で舌をピリっとさせる。
食感
粒子の粗いパウダーが表面にコーティングされており、噛むとじゃりじゃりと音がしてすっと噛み切れる。センターイングミとなっているが中も外も柔らかく仕上がっている。
形状
円錐型(半球型?)。センターイングミの定番型。
グミ単体がかなり柔らかいためか?グミのへこみがみられる。
薄めの黄色で中のセンターも透明度のある黄色の色合いに仕上がっている。
見た目はすごく綺麗だが、、、味は。。。(笑)
内容量
45g 一粒当たり4.8g±0.1でかなり大きめ。
水分値
17%
パッケージ
あまりお目にかからない銀色のパッケージ。
スパークリング感として真ん中に泡がでているのは遊び心かな。
デザインとしてはチューハイにありそうなパッケージ!
追跡研究事項
この舌にピリっとする感覚は裏面表示のどれに該当するのだろうか。
一度、調査が必要なりそうである。

グミ研究員の感想

刺激のあるグミの代表例として、シゲキックスを思い出す人が多くいると思うが、この商品はまた違った刺激のあるグミとなっています。
刺激に意識が行きがちですが、味もしっかりと考えられているので「何かやられた!」感があります。

グミのさらなる可能性を探求し
“グミの新しい未来”を開拓してまいります。

グミ研究所では、OEM受託加工(200kgからの小ロットにも対応)を承っております。
噛みごたえのある硬いグミ、ふるふると優しげな食感のグミ、
糖衣のように周りをコーティングしたグミ、カラダに良い成分を固めたサプリメントグミなど、
品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産いたします。
グミのことなら“グミ研究所”にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ / お見積もり