水分含有量が多く風味を高く保てるグミは、
バリエーションある食感を組み合わせることで様々なニーズに対応することができます。

  • 仕込み
  • 充填
  • 取り出し〜包装

仕込み

  • グミ仕込み、START!

    さぁ、これから「グミ」を作って行きますよー!!

    まずは、身支度から。徹底した衛生管理を行っていますので、チリやホコリを持ち込まないよう、入口で入念にチェックしてから工場内へ。

    グミ仕込み、START!イメージ

  • 原料の確認 → 計量

    なにごとも最初が肝心! まずは、原料の確認を入念に行います。
    入荷数量・梱包形態(破損・汚れ等がないか)、保存場所や品質保持期限は守られているかなど、細かくチェックし、OKならば計量作業へGO! ロット№、品質保持期限を確認し、異物等が混入していないかを開梱して確認します。

    さらに計量器も動作確認をしてから、レシピ通りにキッチリ計量! グミの食感は原材料の配合がキモになりますから、ここは慎重に。

    準備ができたら、いよいよ大鍋に原材料を投入します!

    • 原料の確認 → 計量イメージ
    • 原料の確認 → 計量イメージ
    • 原料の確認 → 計量イメージ
  • 溶解混合

    「溶解混合」とは、材料を混ぜながら溶かしていくこと。
    水飴等を投入後、撹拌しながら加温していきます。溶液が沸騰したら、糖を投入します。

    溶解混合イメージ

  • 減圧濃縮

    どんどん煮詰めていき、溶液の重量をチェックして行きます。
    規定値になったらBxを確認。まだ規定値に満たない場合は、再び煮詰めて濃縮させます。
    重量の変化はチェック表にしっかり記入。

    その後加温して、みんなでグミ原液の仕上がり具合を見守っていきます。

    減圧濃縮イメージ

  • 膨潤溶解

    必要に応じて消泡剤を投入した後、いよいよ“固める”お役目「ゼラチン」の登場です。

    ゼラチンも他の材料と同じように、まずはロット№、品質保持期限、梱包形態に破損や汚れ等がないかを確認します。
    同時に、計量器が正しく動作するかもチェックします。

    すべてクリアしたら、ゼラチンをまんべんなく水に馴染ませて溶かしていきます。

    ※ペクチングミの場合は計量→膨潤溶解→溶解混合になります。

    よーく混ざるように、かき混ぜて・・・

  • 添加物計量 → 混合

    グミの味に合せて、色付けをしていきます。添加材も他の原材料と同様、しっかりと事前チェックをしてから計量し、チェック表にサインしていきます。
    色素は溶けにくく、直接入れるとダマになったり、色の濃淡ができたりするので、事前によく溶かしてから投入していきます。
    投入する順序も大切なので、「仕込原料投入管理表」の投入順序に従って、作業を進めます。

    添加物計量 → 混合イメージ

  • ブリックス(Bx、糖度)調製 → 送液

    Bxを確認します。確認できたら、ストレージタンクへ送液します。このとき、移送中に液体が冷めないよう、配管も温めておきます。
    規格Bxでない場合は、加水にて調整してから液を送ります。加水した量は、もちろんチェック表に記入し、万全な体勢でグミ液を送り出します。

  • 保温

    ストレージタンクの中で、グミたちがぬくぬくとお休みできるように、温水設定温度を確認します。
    仕込み作業は以上です。続いて「充填」の工程へと進みます

充填

  • トレー搬入 → スターチ充填 → 型押し

    トレーに敷き詰められている白い粉はコーンスターチです。いろんな形が手軽に作れる上に、コーンスターチ自体が食品なので、とっても安全です。
    型が最後まで押されているかどうか、確認します。

    • トレー搬入 → スターチ充填 → 型押しイメージ
    • トレー搬入 → スターチ充填 → 型押しイメージ
  • グミ、充填!

    充填機にトレイをセット! いよいよグミを型めがけて投入していきます!

    ここでのポイントは、グミ溶液の温度、液漏れがないか、気泡が混入してないか、などです。
    すべての充填条件設定をクリアしたら、トレーの中へ\(^o^)/

    • グミ、充填!イメージ
    • グミ、充填!イメージ
    • グミ、充填!イメージ
    • グミ、充填!イメージ
  • 充填完了! → 乾燥

    充填完了!
    グミがキレイに型に入りました(^o^)v

    充填したてのグミは、まだ液状なので、これから専用の乾燥室で2〜3日、乾燥させます。
    グミを搬入する前に、乾燥室の温度を確認し、送風扇のスイッチオン!

    充填完了! → 乾燥イメージ

    グミが固まるまで、しばしのお別れ。グミちゃんたち、ゆっくりお休みください。
    固まったらまた会いましょう!

    • 充填完了! → 乾燥イメージ
    • 充填完了! → 乾燥イメージ

取り出し〜包装

  • グミとの再会(デモールド)

    規定の日数が過ぎグミが乾燥したら、グミのトレーを乾燥室から運び出します。

    グミとの再会(デモールド)イメージ

  • スターチ除去

    まずはトレーに敷き詰められているコーンスターチを除去し、トレーからグミを取り出します。

    • スターチ除去イメージ
    • スターチ除去イメージ
    • スターチ除去イメージ
  • コーティング

    オイルやオブラートなどで、グミをコーティングしていきます。
    まんべんなく噴霧されているかが、チェックポイントです。

    • コーティングイメージ
    • コーティングイメージ
  • 選別

    変形、双子、へこみ、テーリングなど、製品として出せないグミはここで取り出し、廃棄します。 

    • 選別イメージ
    • 選別イメージ
  • 金属検出

    続いて金属片が混入していないか、検査機を使ってチェックしていきます。
    検査機は始動前に鉄(Fe)やステンレス(SUS)のテストピースを使い、正常に作動するかを確認した上で動かしています。

    この検査で排除された製品については、必ず再検査を行い、異常が見られなくても全て廃棄します。
    また、異常品は品質管理室へ提出し、今後の対策のデータとします。

    金属検出イメージ

  • キレイなグミができました!

    グミの完成です\(^o^)/

    このあとは、[計測]→[商品パッケージに詰める]→[ダンボールに梱包]→[配送]という流れになります。

    どんな製品を作っているのかネタバレになってしまうので、写真の掲載はご勘弁願います<(_ _)>

    キレイなグミができました!イメージ

グミのさらなる可能性を探求し
“グミの新しい未来”を開拓してまいります。

グミ研究所では、OEM受託加工(200kgからの小ロットにも対応)を承っております。
噛みごたえのある硬いグミ、ふるふると優しげな食感のグミ、
糖衣のように周りをコーティングしたグミ、カラダに良い成分を固めたサプリメントグミなど、
品質管理の徹底された製造ライン(ISO取得)で生産いたします。
グミのことなら“グミ研究所”にお任せください。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ / お見積もり